昨晩は、またしてもやらかしてしまいました。

そう、

眠れない

眠れないけどゴソゴソと活動すると家族を起こすから、布団にくるまってスマホをいじろう

スマホの光で目がさえて、ますます眠れない

の、大バカコンボを炸裂させてしまったのです、テヘ(泣)

おかげで、本日もまたまた寝不足。
徹夜で脳みそフラフラ、目がチカチカです。

先日、このコンボをしでかしてしまったときの敗因は、眠る前ギリギリまでパソコンをいじっていたから、
妙に目がさえてしまったせいでした。

今回は、就寝予定時刻の1時間前にはパソコンの電源を落として、読書タイムに入っていたのですが……

夜に飲んだ紅茶がいけなかった。

あたたかい紅茶

 

そう、紅茶。
飲んじゃったんです。

しかも、2杯半くらい。

紅茶って、コーヒーよりもカフェインが強いらしく、体は疲れているのに、脳だけが妙に冴え渡ってしまってギラギラになる感じ。

日中の仕事中だと、紅茶ごときで私の目を覚ますことは不可能なのに、
どうしてこう、大事なときに限って、ムダにそのカフェイン効果を発揮するのか(泣)

紅茶の覚醒パワーを舐めてました。ぺろぺろ。

おそらく、精神的なもの――「紅茶はカフェインが強いから眠れなくなるよ」ってのを潜在意識的に信じすぎていた部分もあるかとは思いますが、うーん、失敗した。

カフェインがからだにもたらす作用は、個人差や摂取量などにもよりますが、
体内で8時間以上の効果を発揮しつづける場合もあるとのことで……

これからは、寝る前はもちろん、カフェイン系の飲料を日が沈んでから飲むのは控えてみようかなぁと思います。

眠れない→スマホいじり

の、目によろしくない図式をくつがえさねば><

【今日のまとめ】

紅茶やコーヒーに含まれるカフェインは、体内で8時間以上の効果を発揮することもある。
寝る前はもちろんのこと、朝以外はできるだけ控えるようにしていく。