初夢の雑学
初夢に登場すると縁起がよいとされる「一富士、二鷹、三茄子(いちふじ、にたか、さんなすび」

この言葉の由来は江戸時代まで遡ります。

富士山、鷹、茄子は将軍、徳川家康の好きなものを順に並べたといわれており、「四扇(おうぎ)、五多波姑(たばこ)、六座頭(ざとう)」と、実は6個まで続きがあります。

座頭、というのは聞きなれない言葉かもしれませんが、琵琶や三味線(しゃみせん)で弾き語りをする人物のことです。扇もたばこも座頭も、当時の宴会では欠かせないおめでたいものだったのです。

初夢を見る日にちに関しては色々な説があり「大みそかから元旦の夜に見る夢が初夢だ」という説もあれば「元旦の夜に見るのが初夢である」という説もありますが、最近では後者の、元旦の夜に見るのが初夢であるという説が浸透しているようです。

つまり、年が明けてから最初に見た夢が初夢、ということになります。

江戸時代後期では、初夢に縁起のよいものが登場するように、宝船に七福神が乗った絵を枕の下にひいて寝たそうです。

もし、特定の見たい夢がある場合は枕の下に見たいものが書かれた絵を置いて寝てみるのもいいかもしれませんね^^

__________

以上、
お正月の初夢に関する雑学でした!

ご家族やお友達との会話ネタにしてみてくださいね。