動物雑学
人間と一緒で、動物にも血圧があります。
動物とひとことで言っても、からだの作りや大きさは千差万別。

では、動物の中でいちばん血圧が高い種族はいったいどれでしょうか?

鳥類――七面鳥やキリンが血圧が高い動物!

動物の中でも、鳥類は比較的血圧が高い傾向があります。
中でも、七面鳥(シチメンチョウ)は、上が300、下が200の高血圧!
クリスマスに食卓を賑わすあの鳥さんは、実は超・高血圧だったのです。

鳥類は、ほかの動物と比べると、からだの大きさが小さめの割りには心臓が大きいので、このように高血圧になる傾向があります。

鳥以外では、キリンが血圧が高い動物として有名です。
キリンは、ご存知のように首がニューンと長いです。そのため、キリンの心臓は首のさらに上にある頭に血液を送るために、必然的に高血圧になってしまいます。

数値としては、キリンの血圧は上が260、下が160くらいだといわれています。

人間の血圧の正常値は、上が120くらいなので比較すると倍以上の血圧になりますね^^;

以上、本日は「動物の血圧に関する小話雑学」でした!
ご家族やお友達との会話ネタにしてみてくださいね。