カイワレダイコンの雑学

どんぶりの彩り付けや、野菜サラダの添え物として使われるカイワレダイコン。

独特の風味がクセになる食卓に欠かせない一品ですが、

「カイワレダイコンって、ダイコンって名前が付いているけど、白い大根とは何が違うの?

と謎に感じたことはないでしょうか?

今日は、そんなカイワレ大根に関する雑学です!

カイワレ大根を育てると、大根が出来上がる!?

実は、カイワレ大根を育てると大根が出来るんです。

カイワレ大根は大根の一種。

日本では、農地の面積の兼ね合いからか、あまり育てられてはいませんが、育てていくとあの白い大根となるのです。

カイワレは、いわば「大根の芽の部分」

種から発芽し、双葉に成長した段階で出荷されたものが、私たちの食卓に上がるカイワレ大根になります。

ちなみに、根の白い部分が地中で育つと大根になります。

カイワレダイコンが「ダイコン」の名を冠しているのは、このような理由があるからなのです。

______

以上、カイワレダイコンに関する雑学でした!

食卓での会話のネタにしてみてくださいね。