小倉トースト

※この記事を読むと「小倉トーストの名前の由来や発祥の地」について知ることができます。

愛知県近郊の喫茶店でよく見かけるメニュー、
「小倉(おぐら)トースト」

小倉あんの優しい甘みと、バターのほのかな塩っ気が超絶にマッチした味わいが魅力で、東海地方ではモーニングサービスとして提供している喫茶店も多いです。

そのため、「小倉トースト=名古屋の食べもの」というイメージが先行しますが、実のところ「小倉」という地名は福岡や京都などにも存在します。

……となると「小倉トーストの小倉って、なにが由来なの?」「小倉トーストのルーツが気になる……」というかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、

この記事のPOINT!
  • 小倉トーストの名前の由来は?
  • 小倉トーストの発祥の地はどこなの?
  • 小倉トーストにはどんな種類やアレンジ方法があるの?

などなど、

小倉トーストに関する雑学や小ネタを紹介していきます。

小倉トーストの雑学!

小倉トーストの名前の由来は?

ズバリ、小倉トーストの「小倉」は、京都の小倉山がその名の由来となっています。

小倉トーストには「小倉あん」が塗られていますが、京都府の小倉山周辺は、小倉あんに使用する大納言小豆の産地です。

小倉あんは、大粒の小豆(大納言など)を蜜で煮て甘みをつけたあとに、こしあんを混ぜて作ります。

歴史をさかのぼって809年ごろ、当時の和菓子職人「和三郎さん」が小豆にお砂糖を加えて「あん」を作ったと言われています。

加えて、京都の小倉山は、秋になると紅葉の名所としても有名。

小倉山の紅葉の光景――赤く染まった木々が点々としている情景が、小豆(あずき)のつぶつぶに似ていたので、こしあんに大粒の小豆を蜜煮にしたものを混ぜた餡を「小倉あん」と呼ぶようになったという説もあります。


小倉トーストの発祥の地はどこなの?

小倉トーストに使われる「小倉あん」は京都が由来でしたが、「小倉トースト」の発祥の地は、愛知県名古屋市栄の「満つ葉」という喫茶店になります。

「満つ葉」さんは元は和菓子屋でしたが、第一次世界大戦後(大正時代)に、お饅頭に使うもち米の価格急騰のあおりを受け、経営の舵を喫茶店へと切り替えました。

そこで、パンに小倉をつけて提供したのが「小倉トースト」

もち米はなかなか手に入らない時代でしが、幸い、パンやバターは入手できました。

そんな折、当時の学生さんたちがぜんざいにトーストを浸して食べていた姿から発想を得て、結果「小倉トースト」という新メニュー誕生の運びとなりました。

現在の「満つ葉」さんは、名古屋市西区の円頓寺商店街内にあります。店舗名は「まつば」とひらがな表記になり、3代目後継者さんが切り盛りされています。

解説ちゃん

「小倉あん」の由来は京都の小倉山、「小倉トースト」の発祥は名古屋市の喫茶店、となるね!




小倉トーストにはどんな種類やアレンジ方法があるの?

小倉の語源由来
 
参考までに、小倉トーストの種類には大きく分けて3つの形態があります。

①トーストの上にあんこを乗せるパターン
②ト-ストとは別のお皿にあんこを乗せて、自分で適量を塗るパターン
③パンとパンの間にサンドウィッチ風にあんこを挟むパターン

そのほか、小倉トーストのアレンジでは、以下のようなレシピも美味しいですね。
・トッピングに生クリームも混ぜる
・フルーツも乗せて、あんこの甘みと果物の酸味を同時に楽しむ
・こしあんで作ってみる

ちなみに、小倉トーストのカロリーはトースト1枚ぶんで約270kcal~350kcal程度です。カロリー計算が気になる場合は、トーストに塗るバターを控えてみる、などのアレンジもおすすめです。


【まとめ】小倉トーストの由来や発祥地

以上、小倉トーストの由来や発祥地、種類やアレンジについてご紹介しました。

結論、小倉あんは京都の小倉山がルーツであり、発祥のお店は名古屋の喫茶店「満つ葉」さん、ということになります。

最近では、コメダ珈琲の全国展開やテレビ雑誌での名古屋メシ特集のおかげで、東海地方以外でも広く小倉トーストが知れ渡り、全国各地で小倉トーストを見かける機会も増えたかと思います。

小倉トーストを食べるときの会話の小ネタの参考にしてくださいね!