夏のイヤ~な虫の代表、「蚊」

寝ているときに「プィ~ン……」と羽音を立てて飛んでいる様は、
本当に気がめいってしまいますよね^^;

蚊取り線香

蚊にさされると痒いし、赤くなるし、ふんだりけったり。

できれば関わりたくない生物ですが、
さてさて。

この「蚊にさされたとき」、

「蚊にさされたら、最後まで血を吸わせたほうが、かゆみが少なくなる」

と聞いたことはありませんか?

 

蚊に刺されてかゆみが出る原因は「蚊の唾液」のせい!

蚊は、上あごと下あごの先にある歯でヒトの皮膚を食い破り、
口吻(こうふん)という名前の細長い管を差し入れます。

そして、口吻から唾液をヒトのからだの中に入れ込みます

この唾液には、血液が固まらないようにする物質がふくまれており、
蚊が血をスムーズに吸うのに役立っている(?)わけですが、

この、蚊の唾液こそが、かゆみの原因なのです。

蚊は、血をたっぷり吸ったあとは、血液とともに唾液も吸い戻しています。

そんな折、蚊に血を吸われている最中に、上から「ペチン」とつぶしてしまうと、
唾液がヒトの体内に入り込んでしまうので、かゆみが倍増するのです。

とはいえ、
血を吸われているのに、じっとその様子を見ているのもくやしいですよね^^;

そんなときは、指で蚊をはじきとばしてしまいましょう。

上からペチンとつぶすよりも、かゆみは少なくて済みます。

2014年の夏には、デング熱が大発生し、蚊が原因で苦しんだ方も多くいらっしゃいました。

アウトドアの際は、虫よけスプレー、防虫対策を行って、
防虫対策も行っていきましょう^^

天然アロマの虫除けスプレー 【アンチバグ(旧名称 アンチモスキートー)】3本セット【送料無料】