【あられ入りのお茶漬け】

日本の癒しの代表食、「お茶漬け」の中には、けっこうな割合で「あられ」が入っています。

大きさや形状に違いはありますが、ほとんどのお茶漬けに入っているこの「あられ」

では、いったいどうして、日本のお茶漬けにはあられが入っているのでしょうか?

まず第一に、お茶漬けにあられが入っていると、カリカリと歯ごたえを楽しむことができ、
おいしく食べることができるメリットがあげられます。

やわらかいご飯と、カリッとしたあられのコンビネーションは対極的で、
噛むたびに触感を楽しむことができます。

しかし、お茶漬けにあられが入っている理由はそれだけではありません。

実は、あられは乾燥剤の役目もしてくれているのです。

市販のお茶漬けの大敵は、なんといっても湿気。

最近では、食品の密封技術も発達してきていますが、
一昔前までは、今のように優秀な乾燥剤もなかったため、お茶漬けを長期保存するために
あられを一緒に入れることによって、湿気対策をしていました。

こうして、歯ごたえもよく、湿気も吸ってくれるあられは、お茶漬けにとって欠かせないものとなったのです。