コーヒー

コーヒはお好きですか?

私は大好きです^^

一日に2杯は飲まないと落ち着かないです(カフェイン中毒気味!?)

今日はそんな、コーヒーのお話

 

 

コーヒーはコーヒーでも、インスタントのコーヒーってありますよね。

お湯でサラリと溶かす、あのインスタント珈琲です。

あのインスタントコーヒーの発明者は、なんと日本人のかたなのです^^

珈琲ときくと、一見、アメリカかヨーロッパあたりの発明かと思いがちですが、
実は日本人の科学者、加藤了(さとり)さんというかたが一番最初に発明されていたんです。

加藤博士は、1899年に、今の製法と同様の真空乾燥方式のインスタントコーヒーを発明しました。

そして、1901年のニューヨーク州で開かれた博覧会で、
「ソリュブル・コーヒー」という名前で発表までしていたんです。

「ソリュブル」というのは「溶ける」という意味です。

しかし、加藤博士はこのソリュブルコーヒーの売り込みなどはしなかったそうです。

特許も取らずに、そのままお蔵入りし、しばらくは市場に出回ることがありませんでした。

それからしばらくたって、大手会社がソリュブル・コーヒーに着目。

開発が進み、私たちの食卓にもコーヒーが届くようになったとのことです。