職場や家庭で見かけるファックス。

ファックスの写真

ファックスは電話回線を使い、紙に書かれた文字や絵を送ることができます。

しかし、電話とは本来、音を送るもの。

ではどうして電話回線を使って、文字や絵を送ることができるのでしょうか?

ファックスは、絵や文字を電気信号に変えて送っている!

ファックスを送信するときは、送りたい原稿を1枚ずつファックスに読み込ませます。
このとき、ファックスは、原稿上の黒い部分と白い部分を電気信号に変換します。

原稿を水平な線で区切って、1本の線を1ミリ当たり8個の点に分解し、
この点が黒か白かを電気信号に変えます。

それらが、電話回線と電話局の交換機を通して、相手に届く、という仕組みなのです。

ファックスを受ける側は、上記の手順を逆にして、電気信号を解析し、文字や絵に再現していきます。

普段、何気なく使っていたファックスは、絵や文字を電気信号に変えて送受信をしていたのです。