服を売りたい方へ!

「家に着なくなった洋服がたくさんある」
「服を衝動買いしすぎて、タンスのこやしになっている」
「断捨離をしていて、服をたくさん売りたいんだけど、できるだけ高く売りたい!」

そんなとき、古着屋さんなどへ服を売却しに行くこともあるかもしれません。

着なくなった服とはいえ、できることなら少しでも高値で買い取って欲しいもの。

そこで、今回の記事では、

「不要な服を買取に出すときに、できるだけ高く買い取ってもらうコツ」

についての解説です!

高く服を売るポイントは全部で3点。

それでは、さっそくご説明していきます。

服の買取査定額をあげる3つのコツとは!?

服を高く売る方法

ポイント① キレイに洗濯をしておく

服の買取査定をする店員さんは、当然ですが人間です。

いくら古着とはいえ、薄汚れたお洋服では、査定をする側も「うげぇ……」と思ってしまい、
査定額に響くこともあります。

可能な限りキレイにお洗濯をし、時間があるようならシミ取り、ほつれの直しをしておくといいでしょう。

お洗濯してあるだけでも、洋服が綺麗に見えるので、高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

ポイント② 着なくなった服は、できるだけ早く売りに出す!

ゲームの買取などでもそうですが、服にもやはり「旬」があります。

時間が空いてしまうと、流行から外れていき、服のデザイン、柄などの市場価値も下がる傾向にあります。

もう着ないと分かった服は、迷わず最速で買取依頼を出すといいでしょう。

ポイント③ 季節を先取りして、買取査定を依頼する

一般的に日本では、春には春物、夏には夏物、秋には秋物、そして冬には冬物の服と、四季にあわせた服を着ますよね。

当然ながら、古着やさんでも、季節に合った服を売りたいと考えています。
ですので、季節にあった服を売るということも大事な要素です。

このとき、季節を2ヶ月ほど先取りして売りに出しておくのが、最も高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

たとえば、夏物なら6月くらいに買取査定に出す、
冬物なら9月くらいに……といった具合にです。

逆に、季節はずれのもの――真夏にダウンコートを売りにだす場合などは、店舗側もそれら季節はずれの品を「在庫」として抱えるリスクがあるため、買取査定額を安く見積もられてしまうケースがあります。

________

以上、
着なくなった服をできるだけ高く買い取ってもらうためのコツ3点の解説でした!

お洋服を売却する際のご参考になれば幸いです。

服の買取査定額を上げる3つのコツ まとめ

①洗濯などで、綺麗にしてから売りに出す
②流行遅れにならないように、できるだけ早く売りに出す
③季節モノは、季節を2ヶ月ほど先取りして売りに出す