へそくりの語源

こっそり隠していたお金のことを「へそくり」と呼びます。

辞書で見てみると――

へそくり
【臍繰り】
「へそくりがね」の略。(主婦などが)倹約や内職をして内緒にためた、かね。

「へそ」の「くり」なので、なんとなく、おなかにお金を隠してやりくりしていたから「ヘソクリ」というのが語源なんじゃないかな? と思いがちですよね。

「腹巻きのおへそあたりにヒモをつけてお金を隠しておいて、まわりに誰もいないときに、ヒモを繰ってお札の枚数を数えるから……ヘソクリ」

という説もあるようですが(笑)

実は、ヘソクリのヘソというのは、おなかのおヘソのことではないのです!

ヘソクリの語源は、麻糸を繰る仕事でたんまり儲ける様子からきていた

へそくりの「へそ」は、漢字で「綜麻(へそ)」と書きます。

綜(あぜ)というのは、麻糸をかける道具のこと。

そして、綜麻繰りというのは、麻糸を繰るお仕事のことです。

麻糸を繰る仕事で儲けを蓄えて、ニヤニヤうふふとしている様が語源となり、へそくりという言葉ができたのです。

というワケで、へそくりの語源は、おなかのおヘソが由来と思いきや、実は織物のお仕事がルーツになっていたのでした。

意外と知らない、語源の雑学、
会話のネタに、お友達やご家族に話してみてくださいね。