「北極と南極、いったいどっちのほうが寒いんだ!?」

と疑問に思ったことはないでしょうか?

水面

どちらも寒そうなイメージはありますが、
実際に行き比べる機会もそうそう無いですし、気になっている方も多いと思います。

結論から言うと、ずばり、

「南極のほうが格段に寒い」ということになります。
以下、その理由を見ていきます!

南極が、北極より寒い理由!

南極大陸は海に囲まれています。

反対に、北極というのは周りを大陸に囲まれた「海」です。

北極には氷山がありますが、その高さはせいぜい、数十メートル程度。
反して、南極大陸は、大陸がゆえに、何千メートル級の山があります。

数十メートルの氷山よりも、
何千メートル級の山のほうが冷えやすいのは自明の理。

では、実際、
北極と南極はそれぞれ、どれくらいの気温になるのでしょうか?

もっとも気温が低くなった、1日中夜が続く期間に気温をはかった結果によると、

南極大陸の中心部では、摂氏マイナス60度以下
北極では、マイナス30度~40度

南極では、中心部で冷たくなった空気が大陸の周りに流れ出してくるため、
強い風が吹いているのも寒さが助長されるポイントです。

ちなみに、北極の風は比較的弱いため、
吹雪にでもならない限りは、寒さはしのぎやすいと言われています。

結果として、
「北極よりも南極のほうが寒い」という事実にいきつくわけです。

しかし、なんというか……。

南極のマイナス60度はありえない寒さですが、
北極のマイナス30度だって、身が凍る寒さです^^;

日本の気温と比べてしまうと、
ぶっちゃけ、どっちも寒いですよね(震)