高熱で苦しいときに、解熱剤を飲んで療養することがありますが、

この解熱剤を、平熱時に飲んだらどうなるのか疑問に思ったことはありませんか?

薬のびん

「熱が下がる薬だから、平熱以下になるの?」
「いやいや、平熱時に飲んでも何も起こらないんじゃないか?」

と、結果の予想はたくさん出てきますが、
実際に飲んで試してみるのも怖いですよね。

では、実際のところはどうなのでしょう。

平熱時に解熱剤を飲んでも、体温は変化しない

結論としては、

平熱時に、健康な人が解熱剤を飲んでも体温は変化しません。
解熱剤には、体温調節中枢を正常にして、高くなりすぎた体温を下げる働きがあります。
よって、高熱のときに飲むと、熱の放散が促されて体温が下がります。

健康な人は、体温調節中枢の働きが正常であるため、
体温にはこれといった変化が起こらない、という結果になります。

【注意】

薬には副作用がつきものです。

熱が無いのに解熱剤を飲むのはぜったいにやめましょう。