2021年3月2日、いよいよプロ野球のオープン戦がはじまりましたね!

今日は「中日×ソフトバンク」の試合を観戦していました。そして、試合後のツイッターのトレンドワードがこちら。

トレンド中日さん

「中日さん」て(;’∀’)。。

他球団ファンのかたがたがドラゴンズのエラー祭り、押し出しファーボール祭りに対し、気をもんでくださっている様子が手に取るように分かります。ご心配痛み入ります。

試合結果2021年3月2日中日×ソフトバンク

試合結果14対2……いや、そんな話は知りません、知らぬ、知らないったら! オープン戦だから結果なんて気にしても仕方ないですし、結果しか見ないような心の狭い大人にはなりたくないんだい!(現実逃避)

そんな点差の話は置いておいて、我らが根尾昴選手がレフトのスタメンで出場してくれましたね。これだけでも見る価値があったってものです。

本日の根尾君は、初打席できっちりと四球選び、レフトに転がったボールは強肩でバックホーム、そしてオープン戦初タイムリー!! やったね! 清水達也投手の好投もキラッキラでしたし、竜の未来は明るいです。




ベテラン祖父江投手は相変わらずの安定感!

根尾君の華々しい活躍が光る中、いつも通りに活躍してくれたのが祖父江大輔投手。

今日は7回裏に登板、8球・打者3人でソフトバンク打線をピシャリと抑えてくれました。安定感すごいです。

途中、内野陣の送球エラーでランナーは許してしまいましたが、その後、見逃し三振からの併殺ゲッツゥゥゥ。もちろん無失点でチェンジ!

「対戦相手がソフトバンク」と聞くだけで絶望感を覚えがちになりますが、ドラゴンズだってソフトバンクに対抗できるチカラがある、ということを証明してくれたのが嬉しいですね。(祖父江登板時点で、ソフトバンクのレギュラー陣はほとんど交代していたけど、そこはまあ置いておいて)

祖父江さんは眼球ビームもキレッキレ、スライダーもキレッキレ。普段のインタビューでのお話も面白いですし、やはり祖父江がいる中日は雰囲気がいいです。はい、イケメンイケメン!

以前、何かの記事で祖父江が「勝ち試合で投げてぇぇぇ」と叫んでいた、というのを拝見しましたが、今年はライマルがオリンピックで帰国する可能性があるため、祖父江抑え登板説もちらほら聞きます。

抑えなら確実に勝ち試合で投げられますね。こうなるとまた楽しみです。

祖父江さんのような、勝ち日だけでなく、負けの日も変わらず投げ続けてくれるベテランさんがいるからこそ、試合が成り立ちます。縁の下の力持ちだった祖父江さんに、更なる光が当たる日がくるかと思うとわくわくが止まりません。祖父江さんにはこのまま眼光ビームで、他11球団の打者たちを皆焼き払っていただきたい。

オープン戦・初戦の試合結果は散々でしたが、

・根尾君や清水君のような新しいチカラが芽吹きはじめた
・祖父江のようなベテラン選手が、変わらず安定している

こうした、ポジティブな点が見られたのは良きかな、と。

今年の秋にはソフトバンクもフルメンバー、ドラゴンズもフルメンバーで両雄相まみえる日本シリーズが見たいなと妄想しつつ、明日のオープン戦も楽しみです。

藍浦みかん

■この記事を書いた人:藍浦みかん
2021.3.2
武田選手(足早め、肩強め、守備範囲広め)は、ファーストではなく外野で見たい( ノД`)。。