せっけんの雑学

お風呂で固形石けんを使っていると、最初のうちはいいのですが、
日がたつにつれてドロドロにふやけて、やわらかくなってしまいますよね^^;

バスルームには湿気がこもりやすいため、仕方がないこととはいえ、
できれば、ドロドロにならず、固形のまま使い切りたいもの。

とくに、美容目的の値のはる洗顔石けん等の場合は、ドロドロにさせずに大切に使っていきたいです。

そこで、今回は石けんをふやけさせずに、最後まで使い切る方法の解説です!

石けん+アルミホイルで、ふやけを防止!

方法はカンタン。

用意するものは、アルミホイル

ご家庭のキッチンにあるもので大丈夫です。

アルミホイルを、石けんの半分くらいの大きさに切り、石けんの表面にペタンと貼り付けます。

以上!

アルミホイルを貼るときは、すこし水でぬらすと貼りやすいです。
また、アルミの四隅を切り落としておくと、使いやすくてGOOD。

貼り付けたアルミホイルの面を上に向けて置いておけば、
石けんが空気中の水分を吸っていくのを緩和することができるため、
最後まで固形のまま使い切ることができます。

以上、石けんのふやけを防止する雑学でした!
さっそく試してみてくださいね♪