ゆでたそうめん

日本の夏の食卓に欠かせない、そうめんや冷や麦。

暑い夏にツルリと食べることのできるので、涼しげでいいですよね。

ところで、この「そうめんと冷や麦の違い」をご存知でしょうか?

そうめんと冷や麦の違い!

一般的には、

  • 麺が細いとそうめん
  • 麺が太いと冷や麦

といった、太さによる違いで識別されることが多いのですが、実は違いはそれだけではないのです!

双方とも、小麦粉に水と塩を加えてこねます。作成過程として、ここまでは同じです。

しかし、そのあとの製法がそうめんと冷や麦とで違ってきます。

そうめん


・麺を細くのばすときに、油を使うのがそうめん

・油を使わないのが、冷や麦

そうめんは、直径1ミリ以下のものが多いです。

それだけ細く長くのばすために、油類――ごま油や菜種油などをつけて切れにくくするのです。

そうめんは、パッケージの原材料記載欄に、使われた油の記載があるはずです。機会があったら、見てみるのも面白いですね。