地図の雑学

海には、潮の満ち引きがあります。

遠浅の海岸などでは、100メートル以上、波打ち際の場所が変わることもあり、

たとえば、九州の有明海沿岸部では、満潮時に島であった場所が、干潮時には陸続きになることも!

 

そんな潮の満ち引きですが、気になることがひとつ……

「地図に記されている海岸線は、満ち潮のときのもの? それとも引き潮のときのもの?」

という疑問。

というわけで、今回は地図の海岸線に関する雑学について、レッツゴー!

地図の海岸線は、満ち潮のときのものである!

日本の地形図を作っているのは、国土地理院です。

国土地理院では、地形図図式適用規定という決まりがあり、それは、

「水涯線(すいがいせん)は海においては満潮時における正射影を表示する」

とのこと。

なんだか、漢字が多くて難しい言い回しですが、つまり、

地図における海岸線は、満潮時のときのもので記しましょう!

ってことなんです。

ですので、先ほどの例でいう有明海の干潟は、地図上では海として表示されるのです。

ちなみに、潮の満ち引きの他に、波の打ち寄せ具合によっても海岸線は変化しますが、
国土地理院は波が穏やかな日に何枚も航空写真を撮影し、海岸線の平均地点を算出するようにしています。

というわけで!

地図の海岸線は、満ち潮のときのものが反映されていたのです。

以上、地図・海に関する雑学でした。
機会がありましたら、お友達やご家族に話してみてくださいね。