ラスピリのCMに出てきたキャッチコピー、

「ノーストレスRPG」の文言が面白すぎて脱臼しそうになったので、ひさびさにブログを更新してみます。

最近は、タクティクスオウガを再開して遊んでしまっていたため、あんまりプレイ日記を書いていませんでしたが、
ラスピリ自体は相変わらず楽しませてもらっており、サービス開始当初から1日も休まずプレイしている現状。

 

 

ときに、今回の「ノーストレスRPG」というコピー、
考えた人は天才ではないかと思う次第。

だって、ぶっちゃけ、ラスピリにノーストレスの要素は皆無です。

むしろ、ストレスだらけ、
ストレスを味わうためにラスピリで遊んでいるんじゃないかって節があるのが現状。

わたくしの庶民目線の考えで恐縮ですが、そもそも、ゲームってストレスありきのものだと思うんです。

倒せそうで、なかなか倒せない敵モンスター然り、

ちょっとずつコツコツ進めるミッション系のクエストだって、ストレスの宝庫です。
少しずつしか進まないゆえに、もどかしくてウアアアワーってなる。

ラスピリに到っては、

・ガード失敗するとコンボが途切れてガックリしてしまう
・いいところでアプリが処理落ち
・やたらとデータの大きいアプリで容量食いまくり
・マルチ部屋が満室で入れない
・回れど回れど落ちないアート
・ロード時間で、まんじゅう1個食べきれるんじゃないかってくらいの時間的重力
・せこせこ貯めた石でワクワクしながら引いたガチャで、当然のように出てくる星3ユニット
・レルム一致でグアアァ
・どんどん居なくなるギルメン
・ってかハル君、モテすぎじゃないか?

――などなど、

ストレスの元となる要素はようにあります。

もちろん、このストレスを逆転させたところにカタルシスがあるわけで、

・これまで倒せなかったスパイラルを、うまく倒せるようになった
・ガチャからお目当ての★5ユニットを扶養することに成功した
・マルチで良部屋に入室できた
・こつこつ進めたミッションをクリアして報酬を得た

こうした、ストレスの向こう側にゲームの楽しさがあるのではないかと私は思っているワケですが、

これを

「ノーストレス」

と言い切ってしまうあたりが、まじ、かっこいいなと!
面白いので、もう一回書くと、

「ノーストレス」

と言い切ってしまうあたりが、心の底からシビレます。

……ノーストレスwwww
ノーストレス、異論はないな?
イエスがハイでこたえろ! みたいな感じ。

あっぱれ。

もし仮に、私のような凡人がラスピリにキャッチコピーをつけようとしたならば、

「かわいいミニキャラがいっぱい動く♪ラストピリオド♪」

とか、

「コミカル、かつ、シリアスなストーリー展開!」

とか、

「俺のサファイアさんを追いかけていたらアイスエッジが飛んできて凍傷を起こした件」

とか、

「星3のボクの周りのオニャノコが凶暴すぎるけど絶望だなんて思わない」

とか、

見たまんまで、まったくひねりのない文言にしてしまうと思うんですよ。
それを、ゲームの内容とはまったく逆の、ノーストレスと銘打つ勇気ッ!

その潔さに乾杯です。

こんな斬新なコピーライト、見たことないよ! ううむw

世の中にはいろんなキャッチコピーがあふれていますが、
ここまで思い切った商品紹介を見たのははじめてだったので、世界がぐらつくほど衝撃を受けました。

3回生まれかわっても、こんな、地球の裏側から来たような発想出てこない。

ここまで堂々とノーストレスRPGだと明言されると、もしかして私の感じかたのほうが間違っていたのではないかとさえ思えてくる。

これまで私がストレスだと認識していたものは実は快楽であり、快楽でなくとも少なくともストレスではなく、あれえ、そもそもストレスの定義ってなんだっけ、ごめんなさいここはどこワタシはダレでしたっけ今現在は何世紀デスカ……的な。

ノーストレスについて考えるだけで頭がパンクして、
人生さえも、くつがえりそうになります。

まとめると、

いやー、ラスピリ面白いよ!
いろんな意味で!

って感じで、今日も今日とて、マルチクエストをポツポツと回しつつ、期間イベント「ハロハロデストラベル」の魂集めを進めていこうと思いました。

 

気分はまさに、ノーストレス!(震え)