完全試合とは?ノーヒットノーランとの違いや歴代達成者、名投手

野球の完全試合について解説。

完全試合とは何か、意味や達成条件、ノーヒットノーランとの違いも。

歴代の完全試合達成記録や、完全試合に届かなかった、惜しかった前例まで紹介。

完全試合とは

野球の完全試合とは、ランナーをひとりも出塁をさせずに0封で勝利することです。

デッドボールやフォアボール、味方のエラーによる走者もNG

誰にも1塁を踏ませず、完全カンペキ、最終回までパーフェクトに抑えきった勝ち試合を「完全試合」と呼びます。

投手は試合に勝つまで、継投なしで投げ続ける必要あり

投手に完全試合が記録されるには、ひとりで試合の最後まで投げ切り、チームは勝たなくてはいけません。

途中で投手交代したり、延長戦に突入して引き分けに終わった場合は完全試合にカウントされません。

延長戦になった場合は、10回……11回……と、試合に勝利するまでパーフェクトを続ける必要があります。

完全試合の最中にコールドになった、没収試合になった場合も、完全試合の記録としては認められません。

野球観戦、嬉しい

パーフェクトに抑えきって、勝利するのが完全試合の必須条件!

完全試合とノーヒットノーランの違い

「完全試合」と「ノーヒットノーラン」の違いは以下の通り。

完全試合 ノーノー
失点した × ×
敗戦した × ×
継投した × ×
ヒットで出塁された × ×
四球を与えた × OK
死球を与えた × OK
失策(エラー) × OK

完全試合では、ランナーはひとりも出せません。打者27人を抑えきれば、完全試合の記録樹立です。

ノーヒットノーランでは、フォアボウルやデッドボール、味方エラーによるランナーの出塁はOK、ヒットによるランナーがNG

四死球やエラーでランナーを出しても、ホームを踏ませず失点ゼロに抑えればノーノー達成となります。

ノーヒットノーランとは

ノーヒットノーランとは、先発投手が継投なしで相手チームを無安打無得点に抑えて勝った試合です。

完全試合よりも達成条件は緩く、四死球やエラーによるランナーは認められます。

野球観戦、挨拶

ノーヒットノーランもすごい記録です……!

完全試合の難しさは?どれぐらいすごい?

日本プロ野球 (NPB) の完全試合記録は、2022年時点で「16度」の達成記録となっています。

日本プロ野球 (NPB) では、これまで16度記録されている

引用:完全試合(2022年時点)

完全試合は投手さえ絶好調なら良いというわけではなく、味方のエラーがないなどの条件も加味されるため、チーム一丸となって勝ち取ります。

捕手の配球、野手の守備や援護点なども重要であるため、達成も難しく、難易度は超絶に高いです。

日本プロ野球 (NPB) では、レギュラーシーズンにおいて(完全試合16人を含む)87人が、合計98回達成。この他、ポストシーズンにおいて1人が1回達成

引用:ノーヒットノーラン(2022年時点)

完全試合 歴代達成者|日本プロ野球

完全試合 歴代達成者|日本プロ野球

日本プロ野球の完全試合・歴代達成者は以下16名です。

※2022年時点/敬称略

投手 完全試合達成時の所属球団 記録日
藤本英雄 巨人 1950年6月28日
※NPB最年長記録(32歳1ヶ月)
武智文雄 近鉄 1955年6月19日
宮地惟友 国鉄 1956年9月19日
※最小投球数(79球)
金田正一 国鉄 1957年8月21日
西村貞朗 東映 1958年7月19日
島田源太郎 阪神 1960年8月11日
森滝義巳 中日 1961年6月20日
佐々木吉郎 大洋 1966年5月1日
高橋善正 東映 1971年8月21日
八木沢荘六 ロッテ 1973年10月10日
今井雄太郎 阪急 1978年8月31日
槙原寛己 巨人 1994年5月18日
佐々木朗希 ロッテ 2022年4月10日
※NPB最年少記録(20歳5か月)

【pickup①】佐々木朗希投手の完全試合

2022年4月10日、ロッテ佐々木朗希投手がオリックス・バファローズ相手に完全試合を達成。

この試合は、

  • 完全試合のNPB史上最年少記録(20歳5か月)
  • バッテリーの松川虎生捕手も新人捕手(投手と捕手の最年少記録)
  • 通算14試合目の登板で史上最速達成
  • NPBタイ記録19奪三振
  • NPB記録13者連続奪三振

……など、数々の記録を更新しギネス世界記録にも認定され、球史に残る名投手の記録として残りました。

【pickup②】中日ドラゴンズ 日本シリーズで完全試合目前の継投【山井→岩瀬】

レギュラーシーズンではなく、日本シリーズで【継投による完全試合】により、日本一を手中に収めた2007年の中日ドラゴンズ。

この日、先発だった中日:山井大介投手は、8回まで完全試合、パーフェクトピッチングで日ハム打線を抑え込む。

最終回も、当然ながら山井がマウンドに上がると予想していたとき、中日・落合監督が下した采配は「ピッチャー、山井に代わりまして岩瀬」

この年、中日ドラゴンズは「岩瀬につなぐ野球」で勝ちパターン・勝利の方程式を構築し、守り勝つ野球をしてきたが、完全試合継続中の山井を降ろして普段通り、岩瀬をマウンドに送り込んだ采配に、観客一同唖然。この時点で山井の完全試合記録は消滅。

完全試合を引き継いだ岩瀬は、普段通りに投球し、いつも通りにゼロに抑え、中日は53年ぶり日本一達成。

完全試合未達成|惜しすぎた名投手の記録

完全試合未達成

完全試合達成の記録の外には「めちゃくちゃ惜しかった試合」「もう少しで完全試合だったのに」というゲームがあります。

完全試合がなんらかの事情で未遂に終わった記録は、NPBの参考記録とされ、違った形でレコードに残ります。

西武:西口文也投手

西口文也パーフェクト未遂

西武の西口文也投手は、「アウトあと1つ」「28人目の打者」に安打を打たれ、完全試合やノーヒットノーランを過去3度逃したという異例の記録を持ちます。
ちなみに、西口投手ご本人はインタビューで「(完全試合やノーノーを)逃してよかった。いま、こうしてネタにできるから」と語っていました。前向きです。

野球観戦、解説くん

BS放送「球辞苑」にて完全試合は、運です」とも語っていました。

中日:大野雄大投手

2022年5月6日の阪神戦で、中日・大野雄大投手は10回ツーアウトまでパーフェクトピッチング。

阪神の先発、青柳投手もこの日、中日打線を0封したまま延長戦へ突入しました。

完全試合がかかっている大野投手は延長戦でもマウンドに上がり力投を見せましたが、10回に佐藤輝明選手に中二塁打を打たれ降板。

めちゃくちゃ惜しい、完全試合未達記録となりました。

その後、大野投手の降板後10回裏、石川昂弥選手がサヨナラ安打を放ち完封勝利。

完全試合は逃したものの、味方チームの勝利に大喜びし、水を持ってマウンドに向かう大野投手の姿が「これぞエース」と話題になりました。

※【NPB記録】初回先頭打者から1試合29人連続アウト達成