ラーメンの雑学

飲み会のお酒のしめに食べるラーメンは格別です。

体によくないことは分かっていても、むしょうに食べたくなる〆のラーメン。
アルコール効果で食欲も増すのでさらにおいしく感じますよね。

「宴会の最後はラーメンで締めくくらないと気がすまない!」

というかたもいらっしゃるはず。

この、お酒後にラーメンが食べたくなる理由をご存知でしょうか?

しめのラーメンが食べたくなる理由は、脳が糖分を欲しているから!

ズバリ、お酒のラストにラーメンが食べたくなる理由は、
「脳が糖分を欲しているため」なのです。

お酒に含まれるアルコールは、体の中にはいると優先的に消費されエネルギーとなります。

このとき脳は、血液中に糖分がたくさんあると錯覚をおこし、糖分の生成をストップします。

すると、しだいに体内の糖分が不足し、時間差で脳は糖分を補給しようと、
すぐに糖分に変わるでんぷん質の補給を求めます。

このメカニズムにより、ちょうど酔いが回りきったころ――宴会のしめのあたりで、
ラーメンが食べたくなってきます。

お酒の〆にラーメンが食べたくなるのは、生理的な理由があったのです。

とはいえ、散々食べたあとにさらにラーメンを食べるのはやはりカロリー面でも気になるところ。

そんなときは、お酒のしめを、あたたかいうどんやお茶漬けにしてみるのもアリです。

脳に糖分を補給しつつ、ラーメンよりも胃腸に負担がかかりにくいのがGOOD。

機会があったらぜひ、試してみてくださいね。