プロ野球のストーブリーグとは?オフシーズンの楽しみ方

プロ野球のオフシーズン「ストーブリーグ」の楽しみ方について解説。

  • オフシーズンは野球が見れなくて暇……
  • 野球選手ってオフシーズンに何してるの?
  • そもそも「ストーブリーグ」って何?

このような疑問を当記事で解消しましょう。

野球の「ストーブリーグ」とは?

野球の「ストーブリーグ」とは?

日本シリーズが終わって、すべてのシーズン予定が終了すると「ストーブリーグ」がはじまります。

野球観戦、解説くん(疑問)

ストーブリーグって何?

ストーブリーグとは、野球の試合がないシーズンオフに、来期に向けた選手の移籍、補強、契約終了などの話題で盛り上がることです。

「ストーブ」は、寒い時期の暖房器具。暖かいストーブを囲みながら、野球ファンが集まって野球談議に華を咲かせるイメージから「ストーブリーグ」という名称が定着しました。

ストーブ‐リーグ【stove league】
《炉辺で野球談をする人たちの意》

プロ野球で、シーズンオフに行われる選手・監督の契約更改や移籍・加入の動きなど、グラウンド外の話題。
引用:ストーブ‐リーグ

オフシーズンの選手の動向を確認しつつ、来季の順位予想、来期のスタメン予想、開幕投手予想などで楽しむのが、ストーブリーグの醍醐味です。

野球観戦、解説くん

ストーブリーグ=「オフシーズンの野球の話題」

ストーブリーグの覇者

ストーブリーグの覇者

オフシーズンになると「ストーブリーグの覇者」というワードを目にする機会があります。

野球観戦、謎

「ストーブリーグの覇者」って何?

ストーブリーグでは、選手のプレイや試合展開ではなく、球団の動きに注目が集まります。

球団がFA選手の獲得に乗り出すのか、主要選手のメジャー挑戦を容認するのか、ドラフトでどんな選手を指名するのかなど、オフも話題は尽きません。

そんな中、オフシーズンに派手な動きを見せ、公式試合がない中で野球ファンに尽きぬ話題提供をしてくれた球団を「ストーブリーグの覇者」と呼ぶことがあります。

完全にネットスラングなので、当然ながら公式の用語ではありません。

「え、なぜその選手を戦力外にする?」「来季のスローガン、ほんとにそれでいいの?」など、謎采配により話題提供してくれた球団も「ストーブリーグの覇者」の候補に上がります。

野球観戦、嬉しい

ここ数年、オフシーズンの話題は、中日とオリックスが強い傾向。

ストーブリーグ、オフシーズンの野球要素

プロ野球の公式戦がないオフシーズンの野球要素をピックアップしました。

試合がなくて暇な10月~2月中旬は、ストーブリーグを楽しみましょう。

  • ドラフト会議
  • 戦力外通告
  • フェニックスリーグ
  • 12球団合同トライアウト
  • FA移籍、トレードなど
  • 現役ドラフト
  • タイトル受賞、表彰
  • eBASEBALLプロリーグ
  • ファン感謝デー
  • 契約更改、年棒決定
  • 秋季キャンプ
  • トークイベント、野球教室、メディア出演など
  • 自主トレ、合同自主トレ
  • 春季キャンプ

ドラフト会議

外れくじでガッツボーズを決める真中監督と渋い表情の金本監督外れくじでガッツボーズを決める真中監督と渋い表情の金本監督
出典:ドラフト会議

シーズン終了後、10月中旬は「ドラフト会議」開催。

目玉選手がどの球団に指名されるのか、育成選手は何人取るのか。球団に新しい風を吹き込む新人選手の入団先が決まる大切な行事です。

ドラフト会議はテレビ中継、ネット中継でも放映されます。ぜひチェックしましょう。

関連記事:プロ野球の育成選手とは?給料、契約、1軍成功例、支配下との違い

戦力外通告

10月初旬~10月中旬は、悲しいお知らせ「戦力外通告」の期間です。

来季の戦力構想から外れているため自由契約とする旨を、球団が選手本人に通告します。

球団が戦力外を通告する期間は「第一弾」と「第二弾」、2度あります。

戦力外通告期間
第1次通告 10/1~CS開幕前日
第2次通告 CS全日程終了翌日~日本シリーズ終了翌日
※日シリ出場チームは日シリ終了5日後まで

球団公式ツイッターや球団公式サイトでは「来季の選手契約を行わない旨を通告しました」などの文言で公示されます。

血の入れ替えは必要不可欠ですが、ストーブリーグ内で最も切なくなる期間です。

戦力外になった選手が、トライアウトを受けるか、はたまた野球はスッパリと引退し第二の人生を歩むのか。見守りましょう。

【pickup】
戦力外になった当日にyoutuberとして初の動画配信をスタートさせた、元中日トラゴンズの滝野要選手
動画内で、戦力外通告されてしまった当日の様子や心境を語っています。メンタル鬼つよいです。
この数か月後、滝野選手は社会人野球の道に進みました!

野球観戦、ありがとう

余談ですが、管理人は滝野選手に直筆サインをいただいた経験が。めっちゃ優しかった!

フェニックスリーグ

フェニックスリーグ出典:第19回みやざきフェニックス・リーグ

10月中旬は「みやざきフェニックス・リーグ」が開催されます。

みやざきフェニックス・リーグは、1年に1回、秋に行われるプロ野球の教育リーグ

主な出場メンバーは若手選手。参加チームは、NPB日本プロ野球の12球団と独立リーグです。

レギュラーシーズンではなかなか見られない若手選手が躍動する姿を見られるので、ふだんとは違った雰囲気の野球観戦を楽しめます。

みやざきフェニックス・リーグ
参加チーム
(NPB12球団すべて)
イースタン・リーグ 7球団
ウエスタン・リーグ 5球団
参加チーム
独立リーグ
四国アイランドリーグplus選抜
日本独立リーグ野球機構選抜
開催地 宮崎市、日南市、西都市、都城市
現地観戦 有観客

12球団合同トライアウト

11月下旬~12月初旬には「12球団合同トライアウト」開催。

戦力外になってしまった野球選手のうち現役続行を希望する選手が集まり、シート打撃方式で各球団の首脳陣、スカウト陣にプレイ姿をアピールします。

トライアウトの合格者にはのちほど連絡が入り、新たな野球人生がスタートします。

FA移籍、トレード、補強など

FA移籍、トレード

ストーブリーグ・オフシーズンの目玉になるのが「来季の選手の動向」です。

FA(フリーエージェント)、FA成立による人的補償、ポスティング移籍、球団間でのトレード、外国人選手の補強、メジャーリーグから帰還する選手との交渉など、大物選手の動向から目が離せません。

現役ドラフト


2022年から導入された「現役ドラフト(ブレークスルードラフト)」でも、球団間で選手の入れ替え・移籍が発生します。

現役ドラフトでは、球団間で必ず1名以上の選手移動が発生します。

役割やポジション被りで活躍の機会が薄かった選手が、新天地でリスタートする機会にはなりますが、贔屓の球団から1名流出することは確定であるため、嬉しさ半分、寂しさ半分。

期待感と悲しみが同時に押し寄せ、野球ファンからするとメンタルが揺さぶられる制度となっています。

タイトル受賞、表彰

最優秀選手賞2022出典:最優秀選手賞2022

シーズン中のすべての成績が確定したのち、タイトル受賞式、選手の表彰が行われます。

野球選手が受賞するタイトルは、ゴールデングラブ賞、MVP、沢村賞、ベストナイン、最優秀選手、新人賞 ファーム表彰式などなど盛りだくさん。

自チームから表彰選手が出た場合は、球団公式から記念グッズが発売される場合もあります。

1年を通して活躍してくれた選手を称えましょう。

eBASEBALLプロリーグ

オフシーズン中には「eBASEBALLプロリーグ」が開催されます。

eBASEBALLは、ゲームの野球(パワプロ、プロスピA)で勝敗を競うeスポーツです。

ゲームではありますが、日本野球機構と株式会社コナミデジタルエンタテインメントが共催、各チームを率いる監督は元プロ野球選手や球団スカウトの方が担い、参加者も厳しい予選を勝ち抜いた猛者が集合。

有名ユーチューバーもゲスト参加するなどし、年々盛り上がりを見せています。

ファン感謝デー


ファン感の紅白戦で146キロを投げる加藤匠馬「捕手」

11月下旬ごろ、各球団のファン感謝イベント(通称:ファン感)が開催されます。

ファン感謝デーでは、選手同士が紅白戦をしたり、クイズや競争、カラオケや仮装などをし、野球ファンを楽しませてくれます。

基本的には、各チームのホーム球場内で開催されますが、昨今では球団公式youtube内で生配信してくれる場合もあり。

ふだんキリッとした姿でプレイしている選手たちの以外な一面が見られるチャンスです。

契約更改、年棒決定

シーズン終了後~12月中旬ぐらいまでに「契約更改」が行われ、翌年の選手の年棒や契約年数が決まります。

「1億の大台に乗った!」
「1000万円up!」
「大幅減棒になった……」
「複数年契約です」
「ハンコは押せません。保留します」

などなど、野球選手のロマンや厳しさが垣間見える時期。

プロ野球選手や球団側の名言・珍言が飛び出すのも、契約更改ならではの見どころです。

プロ野球・契約更改の名言・迷言集

森本学
「金額を見た瞬間、死のうかと思った」

諸積兼司
「おかしい。こんなことは許されない」

張本勲
「プロの誠意とはカネなり」

杉内俊哉
「携帯会社と同じで、既存契約には冷たい」

福留孝介
「誠意は言葉ではなく金額」
「僕の年俸が上がらないと、後輩たちに夢を与えられない」

G.G.佐藤
「交渉している感じがしない。ブチ切れていいですか?」

多村仁
「大台に行かない理由が無い。出さないと球団が恥ずかしいと思う」

関本健太郎
「実は来年の5月に子供が生まれるんです。何とかミルク代として……」

井端弘和
「金額を見た瞬間、足がガタガタ震えて10分間は無言でした」

広澤克実
「減俸分はCMで稼ぎたいと思っています。企業の皆さん、私を起用しませんか」

門田博光
「一応乗りましたが、税抜きじゃないですから。税務署が喜ぶんじゃないかな」

イチロー
「特に思うところはない」(年俸5億円)

中日・加藤球団代表

(祖父江投手の継続的な中継ぎ登板数を)
「評価はするが、反映ポイントにない。評価して欲しいなら、早くFAを取ってくださいというのがこちらの主張」

(FA行使の又吉投手が、金額の吊り上げを)
「そんなことを彼はやらないと思う」

(大野投手が)
「来年活躍すればFAの相場は上がる。残留してもらおうとなると、厳しい状況になるかもしれない。そのためにも(複数年で)縛っておきたかった」

(ソフトバンク福田秀平がFA行使)
「調査はするだろうね。年俸もあまり高くない選手だし」

「他球団は他球団。ドラゴンズはドラゴンズ」

※敬称略

野球観戦、謎

おかしい。こんなことは許されない……

秋季キャンプ

阪神タイガース 秋季キャンプ出典:阪神タイガース 秋季キャンプ

沖縄など、暖かい地域で数週間の「秋季キャンプ」が開催されるのが11月あたり。

秋季キャンプは観客を入れて開催する場合もあり、オフシーズンの野球選手のトレーニングを見学できる可能性ありです。

来季に向け、新球種や新フォームを試す投手や、バッティングフォームの大幅改造に取り組む選手の姿が見られるかも。

トークイベント、野球教室、メディア出演など


オフシーズン中、野球選手はトークイベントや子供向けの野球教室にゲストとして呼ばれる場合があります。

思わぬ近場に野球選手が訪れる可能性もあるため、新聞やSNS、球団公式サイトなどをチェックしておきましょう。

野球選手の1日警察署長、1日駅員さんなどの変わったイベントが開催されるケースも!

自主トレ、合同自主トレ

オフシーズンはその名の通り「オフ」であり休みであるため、自身のトレーニングやコンディションを整えるための調整は自分自身で行う必要があります。

よって、冬の間は「自主トレ期間」となり、選手は独自で体力維持、技術力向上に取り組みます。

最近は、球団の垣根を飛び越えて他球団選手と「合同自主トレ」を行う選手も増えてきました。

上記のインスタ投稿は、筒香選手と自主トレを行う、オリックス山本由伸投手。毎年いっしょにトレーニングをしているようです。

合同自主トレでは、思わぬ選手の「ええ? その人と交流があるの?」といった交友関係が垣間見えるので、ちょっと驚いたり。

合同自主トレの様子は、スポーツ新聞や選手のTwitterなどで公開される場合があるので、いろいろ見ていると楽しいですよ。

春季キャンプ

春季キャンプ出典:春季キャンプ

2月に入ると「春季キャンプ」がスタートします。

これから迎えるオープン戦、開幕、レギュラーシーズンに向け、選手たちは本格的な最終調整を行います。

春季キャンプは宮崎や沖縄など、暖かい地域での開催。有観客で盛大に行われる傾向があり、キャンプ会場周辺には、球団公式グッズを販売する売店なども出店されます。

野球観戦、挨拶

キャンプが始まれば、いよいよ「球春到来」です!