鏡餅の上にあるミカンのような果物(ダイダイ)

お正月といえば、門松、しめなわ、おせち料理などなど、
独特の飾り物や食べ物が見られる時期ですが、鏡餅もかかせないもののひとつです。

そんな鏡餅の上にのせられた、オレンジ色の果実
一見、ミカンのように見えますが、「ダイダイ」という名がついた果物なのです。

ダイダイはミカン科の果実ではあるものの、普通のミカンとは違う変わった特徴があることから、
縁起物として鏡餅の上に飾られるようになりました。

ダイダイは、家が代々続く姿をあらわす縁起物!

ダイダイの実は、冬になると熟して黄色にかわります。

しかし、そのまま収穫せずに置いておくと、4月ごろにはまた色が変わり、緑色になります。

その後も実をそのままにしておくと、翌年の冬にまた黄色くなります。

ちなみにダイダイは、漢字で書くと「回青橙」という字が当てられます。

その名が示すように、緑→橙→緑→橙→……というサイクルを、実が木にある間、代々繰り返していきます。
そんな性質に重ねて、「代々、家が続きますように」の意をこめて、鏡餅の上の縁起物として使われるようになりました。

ダイダイの寿命は約3年。
3年もの間、なんども色を変えつつ枝についているのです。

【追伸】
余談ですが、ダイダイは酸味苦味が強いため、生で食べるのには向きません。
こどものころ、ミカンの甘さを期待して生食し、あまりのマズさにびっくりした管理人より。