メールやインターネットが発達してきた昨今では、郵便切手を使う機会もずいぶん減ってきました。

海外の切手の写真

しかし、何かの書類を送るときや、旧友に手紙を出すときに切手を使う! という方もいらっしゃると思います。

そして、いざ、切手を使おうとしたとき、

切手の裏側の「のり」が、何かにくっついてしまってはがれない!

と、困ってしまったことはありませんか?

特に、切手の裏のり同士がくっつきあってしまうと、はがすのに一苦労してしまいます。

力任せにはがすと、大事な切手まで破れてしまうし……。

そんなときは、無理にはがそうとせずに、
切手を冷蔵庫に入れてみましょう。

しばらくすると、切手の裏乗りが乾燥して粘着力を失い、自然とはがれてきます。

少し時間はかかりますが、簡単に試すことができるので、ぜひ試してみてください。