【きれいな海の写真】

海の水といえば、塩辛い、しょっぱいというのが定石ですが、
海水=しょっぱいという事実は、当たり前すぎるため、

「なぜ、海の水はしょっぱいのか?」と考えた場合、

「あれ……そういえば、なんでだろう?」

と疑問に思うこともあるかもしれません。

海の水がしょっぱい理由は、大きくわけて二つの理由があります。

海水がしょっぱい理由その①マグマが固まり、岩しょう水を噴出するため

地球の内部には、マグマが存在します。
マグマは高熱を持っていますが、このマグマが、冷えて固まるときに、
塩分をたくさん含んだ岩しょう水と呼ばれる水を残します。

岩しょう水は、火山活動に伴い、地表や海へ噴出されます。
それが海水と交じり合ったため、海の水がしょっぱくなったという説が有力です。

海水がしょっぱい理由その①岩石の塩分が溶け出しているため

岩石に含まれる塩分が、雨で溶けて川へ流れ込み、
川から海へ流れ込んだため、海水がしょっぱくなります。

以上、海の水がしょっぱい理由でした。

以外と知らない事実なので、話のネタにしてみてくださいね。