白旗の雑学
「白旗を上げる」の由来

「もう降参! 白旗だ!」

などと、

降伏、降参をするときに「白旗をあげる」という表現が使われます。

なにげに使っている言い回しですが、よくよく考えると、

・なぜ白旗なのか?

・ほかの色ではダメなのか?

などなど、由来が気になりますよね。

今回は、この「白旗をあげる」についての雑学です!

【白旗を上げるの由来】白旗のルーツは、戦争の降伏宣言から来ている

「白旗をあげる」の白旗は、戦争中の降伏の表現がルーツ(由来)となっています。

言葉の通じない国同士で行われる戦争なので、降伏のサインが一目で分かるようにと、決められたルールが、この白旗を上げるという行為。

1907年、オランダで開かれた国際平和会議で、降伏のしるしに白旗を上げる、というのが正式に決定されました。

降伏のサインが白い布である3つの理由!

では、なぜ降伏のサインが「白い布」であったのか。

赤や黒などの旗ではダメだったのか?

これには色々な説があります。

降参、降伏のサインが「白旗」である理由①

降参、降伏のサインが「白い旗」であるひとつ目の理由は、

「もう負けを認めるので、自分の領土を相手色に染めてもいい」

という意味。

各国は国旗を所持していますが、国旗の素材となるのは白い布。


この白い布を、好きにしてくれ、という意味合いがあったようです。

降参、降伏のサインが「白旗」である理由②

中世のヨ-ロッパではホワイトサンデーと呼ばれていた教会の行事があって、ホワイトサンデー時はどんな戦争も、休戦になる日とされていました。

ホワイト=白=休戦

という意味がある、というのが2つ目の説です。

降参、降伏のサインが「白旗」である理由③

降伏のサインが白い布である理由の3つ目は、 戦場ですぐに調達できる「布」は包帯や下着であったため です。

白い旗があがったら「負けました」のサイン、という共通ルールこそあれ、命をかけた戦場に赴く前に、あらかじめ白旗を用意することはさすがに難しいです。

事前に白旗は用意できませんので、白い布は現場にあるもので何とかする必要があります。

戦場にある白い布といえば、包帯か兵士の下着くらいです。

ケガ人に巻く包帯の色が白色であるためという意味もあり、戦闘で負傷者がでたとき、白い包帯や白い下着を掲げて、降伏宣言としていたようです。

以上、

降伏するときの「白旗」についての雑学でした!

機会があったら、話のネタにしてみてくださいね。