銀シャリの「シャリ」とはなに?

お寿司屋さんなどでは白米のことを「銀しゃり」と呼ぶことがありますが、
この「しゃり」の由来をご存知でしょうか?

「炊く前のお米をシャリシャリと研ぐから?」
「噛んだときにシャリッと言うから?」

「しゃり」と聞くと、擬音のように感じがちですが、実のところは、
「しゃり」は仏教用語の「舎利」がルーツとなっています。

舎利(しゃり)は、火葬されたお釈迦様のお骨のこと。

日本各地の古いお寺では、舎利骨と呼ばれる小さなお骨を、お釈迦様のものとして祭ってあるそうです。
そのお骨は、まるで米粒くらいの白い小粒なもので、この印象から、舎利=お米のイメージがついたとも言われています。

また、輪廻の教えによると、仏舎利はめぐりめぐって五穀になると考えられていました。

人間の血となり肉となる五穀は、とても尊いもの。

お米が主食の日本では、一粒一粒のお米をとても大切にしてきました。

お釈迦様の化身でもあり、生命の源でもあるお米が尊重されて、現代でも「しゃり」と呼ばれ続けているのです。

普段、なにげなく食べているお米ですが、意外なことにそのルーツは「仏教用語」が元となっていました。

お米に関する雑学、
機会があったらご家族やお友達に話してみてくださいね!