かぼちゃのおいしい見分けかたについて。

まるごとかぼちゃ1玉

甘みのある健康野菜の中でも、栄養価が高いかぼちゃ。
積極的に摂っていきたいですが、スーパーで丸ごとかぼちゃを買うときに、
「どんな感じのかぼちゃを選べばよいのかな?」
と、考えこんでしまったことはありませんか?

とくに、丸ごとのかぼちゃの場合は、中身を見ることができないので、
甘みや熟成など、おいしさが気になるところです。

じっくり観察していても、だんだんと、全部一緒に思えてきたり^^;

そんなとき、手っ取り早くかぼちゃの良し悪しを判断するには、

「皮の硬さ」を確認してみてください。

かぼちゃの皮は、硬ければ硬いほど、熟成していて甘みが強くなっています。

というのも、かぼちゃちゃは熟すにつれて皮が硬くなる性質があり、
完熟したときは、カチカチで爪も通らないほどになるのです。

スーパーの商品に爪を立てるわけにはいきませんが、
できるだけ硬そうなものを選べば間違いありません。

また、茎の根元が縦にひび割れていたり、
皮のツヤがよく、シマシマ模様がはっきりしているものも◎

持った感じはずっしり重く、軸が太いものを選ぶとよいでしょう。

カットしてあるかぼちゃの場合は、実がぎっしりとしていて、
果肉の色が濃いものがおすすめ。
また、種が太って肥えているものが甘くておいしいかぼちゃになります。

かぼちゃは、丸ごとのままなら2ヶ月は保存がきく食材です。
風通しのよい涼しいところに置いておけば、長期保存がきくので、
おいしそうなかぼちゃを見つけたら、いざというときのためにストックしておくのもいいですね。