語源の雑学

仕事が午前中だけで終わることを「半ドン」と表現することがあります。

「今日は半ドンだから、そのあとゆっくりしよう!」

「土曜日は半ドンだからラク~」

などと言いますが、この、半ドンの「ドン」の由来を知っていますか?

半ドンの「半」は、半分の半だろうなとは想像つくのですが、
ドンはどこから来たのでしょうか?

午前中のみ「半ドン」のドンの由来雑学!

半ドンの「ドン」の由来は、ふたつあります。

ひとつ目は、オランダ語で日曜日、休日をあらわす「ドンタク」が語源になっているという由来です。

ドンタクの頭の部分「ドン」に、半分の「半」をつけて半ドンという言葉となったのがはじまり。

そしてもうひとつの由来は、明治大正時代に正午を知らせた空砲の音からきているとも言われています。

当時は、正午の時刻になると「ドン!」という空砲の音がして、お昼の時間を知らせるといった習慣がありました。

現在も、正午になるとチャイムがなる地方がありますね。
昔は、空砲の音を「ドン」と鳴らして、正午をお知らせしていました。

半ドンの「ドン」には、このような由来があったのです。

____________

以上、
本日は「半ドン」に関する語源雑学でした!

ご家族やお友達との会話ネタにしてみてくださいね。