キャベツの雑学

とんかつ料理には、キャベツの千切りが添えられることが多いです。
とんかつ屋さんに行くと、キャベツが食べ放題だったりすることもありますね^^

では、なぜ、
「とんかつにはキャベツ!」というのが定番の組み合わせとなっているのでしょうか?

この記事では、とんかつにキャベツが添えられる3つの理由について、お話していきます!

とんかつの付け合せがキャベツである3つの理由とは?

理由①キャベツに含まれる栄養素が消化吸収を助けるため

とんかつは、こてこての油料理です。

油でカラリと揚げられていると、おいしすぎて箸が進みまくりますが、
気をつけたいのが油のとりすぎ。

体質によっては、胃腸障害となることもあります。

そこで、キャベツ。

キャベツに含まれるビタミンU(通称:キャベジン)には、胃酸分泌の抑制をしてくれたり、胃の粘膜の代謝を助けてくれる働きがあるといわれています。

食後の胃もたれを防ぐ手助けをしてくれるため、油料理のお供に良いのです。

理由②とんかつは年中手に入れやすい野菜である

キャベツは、季節を問わず、1年中確保がしやすい野菜です。

とんかつ屋さんなどのお店屋さんでは、安定した食材の確保は重要な事項。

年間を通して用意しやすいキャベツは、とんかつの付け合せにピッタリの野菜といえるでしょう。

理由③キャベツは歯ごたえがあり、満腹感を感じやすい野菜である

キャベツはシャキシャキして歯ごたえがあり、噛むのが楽しい食材です。

キャベツはダイエットにも使われることが多く、キャベツをとんかつと一緒に食べることによって、満腹中枢を刺激し、食べすぎを防いでくれます。

また、キャベツは口当たりがさっぱりしているので、脂っこいとんかつとの相性もバッチリ。

「とんかつは食べたいけど、油が気になる!」

というかたは、キャベツの千切りを良く噛みつつ、とんかつを楽しんでみましょう。

_________

以上、

とんかつにキャベツが添えられる理由についての解説でした!

ちなみに、キャベツに含まれるビタミンUは、水にさらしたままにしておくと、栄養素が溶け出してしまうので気をつけてくださいね。

ご参考になれば幸いです。